2015年05月11日

入場と退場

久しぶりにブログを見たらブログの一番上に謎の広告欄が出てて、あ、これブログ完全に飽きちゃったやつやん!
と思ったので慌てて更新することに

一番前の更新を見ると1月で社会人になって変わったことという記事だけですのでもう社会人となって変わったからこんなブログ更新しなくなったのだろうかと心配してくれた方がいるかもしれませんが、単純に仕事のストレスで文章なんか書いてられっか酒飲むぞ!となってるのが原因です。
さてそんなアル中まっしぐらな僕のことは置いといてなにげに働いて2年目になりました。
僕にも後輩(会社の犬)が増えたわけです。さてそんな僕のことだから後輩に偉そうにして顰蹙を買ってるだろうと皆さん思うかもしれませんが、5月になるのに会社の後輩の顔を一度も見ていません。というか1月から自社に戻ったのも3回だけ(面談とかで)
別に僕が会社の付き合いが悪く一人でさっさと帰ってるのが原因だろうと思われるかもしれませんが、中小IT企業で働くと全く違う会社の名前を名乗って違う場所で働いてるから自社のメンバーと顔を合わせることがほとんどないんです。だから会社で働いているという帰属意識も少なく、IT業界で働く人は給料と待遇さえよければ自社なんて関係ないよという方が多くコロコロと転職していきます。
他にも新卒で面接で大嘘こいてやっとこさ会社に入れてヤッター家からもめちゃくちゃ近いし。と思ったら全然違う地方に飛ばされることもありえます。この業界嘘ばかりですね。渡る世間は鬼だらけです。

さて働いている場所ですが自社じゃないならどこで何して働いてるの?と疑問に思う方もいますが、これはあちこちの会社の下請けとなっていろいろな場所に飛ばされて働きます。
だから会社で働くというより現場で働くと業界用語的な感じで使われます。
現場とか聞くと工事現場とかで働いてるのかと思われるかもしれませんが、ITでも現場で働くという言葉は一般的です。
なんかその業界にしかない用語みたいでかっくいいですね。
電車で線路に人が立ち入りましたと言われたら高確率で痴漢をした犯人が逃げていた。そんな裏事情みたいなものを感じます。

それでその現場に入ることを何というかというと挿入入場と言います。
だから営業との電話の中でちょくちょく、面談が決まると何月何日に入場するので頑張ってくださいとか言われますね。
逆に入場が決まらないと自社待機を喰らうわけですが、自社で待機しても大きい会社なら何か仕事を降ってくれるかもしれませんが、ただ社員をあちこちに派遣するだけの中小ITではひたすら待機室にて冷や飯ぐらいをするくらいしかありません。
僕もすることがなかったのでウォーターサーバーの水をひたすら飲んでおしっこに変える業務をせっせとこなしていました。

じゃあ逆に現場から出ることは何というの?と聞かれたら退場という言葉を一般的かどうか使われます。
普通は何ヶ月単位で契約が結ばれているのでその期間まで問題なく努め上げれば契約満了といった形で円満に終わることを考えたら、退場はそれ以外の理由で出ることになるから不名誉な言葉でもあります。
退場をする理由は様々ですが、能力が足りなかった、遅刻が多かった、人の意見を聞かなかったとある意味バイトでもクビになる理由とそんな変わらないです。
1つ前の現場でですね、某青色銀行の作業をしていた際珍しく大規模案件だからか自社の方が何人もいたんですね。そりゃ全く知らない会社の人より自社同士の人のほうが気軽に話せるんで多い方が良いわけです。ところがその中の一人でSという方がいたんですが、そいつがまあ使えない。
別に僕自身仕事ができるわけじゃないから偉そうに言える立場じゃないんですけど、業務中に財布をなくしたと言って1時間ほど財布の捜索活動に出るという中々ファンシーなことをしでかす人だったわけです。もちろん仕事中に自分の財布をなくすくらいですからミスもめちゃくちゃ多い。そんな彼ですが我々自社のメンバーは11月に契約が終了だったのにそいつだけ10月に契約が終わったわけです。まあ事情は押して図るべきですが、彼と同じ仕事をしていた人に聞くとみんなが北の方向に向かう作業をしている中一人で全力で南の方向に向かっていったと大変印象的な言葉を教えていただいて。あっ(察し)という出来事がありました。

まあそんな感じでよっぽどのヘマしなければ退場とかないだろうと思ってたんですよ僕は。
長々と何が言いたいんだと言われそうですが、つい最近僕も退場を喰らいました。
しかも原因はほかの人と馴染めてないという「お前浮いてんじゃね?」という理由なので笑えないです。
ついこの間現場で一人退職する方が出たはずだから幹事をしたのに浮いてるとはと思いましたが、もう決まったことなので来月には違う現場で働く必要があるわけなんですね。
だからまた業務経歴書を書き直して面談を受けまくる必要があるんですが、今の現場も前の現場も覚えたことはctrl+cでコピーそしてctrl+vで貼り付けのみなのでかなりの確率で自社で待機しておしっこ製造機になる可能性が高いです。
そんなウォーターサーバーをおしっこに変えるマシーン(予定)な僕でしょうが明日はあるのでしょうか。
本当は2年値になったから社会人としての心のあり方を偉そうに語る記事にしたかったですが、1年目より2年目の方が楽だと思ったら全くそんなことなくて今日も酒を飲んで現実逃避するしかないんですね。
人生退場したいです。
posted by ひろ氏 at 18:09| Comment(2) | IT業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

IT業界に入ってしまっての反省点とかもろもろ

12月といえば皆さん。何をまず思いますでしょうか。
クリスマスに彼女とセックス!セックス!12月といえば年末でもあるし、ある意味1年の総決算。
せっかくなので今年に入って大学院を卒業してパソコンのことと言えば、FC2アダルト動画と2chくらいしか出来ないのにIT業界に飛び込んでしまって感じたことでも書こうと思います。

IT業界といえばブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないのイメージが強いからとにかく残業代が出なくて拘束時間が長くてブラックの香りがぷんぷんするにゃあと思われるかもしれません。
ただこれは2011年頃の話であって今はここまでひどい現場はないと思います。
まあうちの会社は残業代が出ませんが。


あと一時期流行ったこの漫画みたいなのもありますね。
c98859ed.jpg
845769f9.jpg835e456f.jpg26dec305.jpg93aba4dd.jpg234af89b.jpg
今回のこの漫画で出てくる派遣という身分ですが、僕もこの人のように派遣されてます。
え?正社員じゃないの?(´・ω・)カワイソスと思われるかもしれませんが、正社員として違う現場に派遣をされているというのが現状です。
ちょっとここらへん説明してみましょうか。

ITというのは基本的にどこかの会社やお役所などがこれこれこういったものを作って欲しいなと思ったりします。
するとまず仕事を受けるのが大手の会社(F士通とか)です。
じゃあそのF士通が自社の社員にこういうプログラムなり社内のIT化に関する仕事をすると思うじゃないですか。
ところがこのF士通は開発を行わないのです。顧客からある程度どういうのを作って欲しいかというのを聞いたあと(一般に言われる要件定義。これがほとんど定義されていなくて曲者)
この内容を下請けの企業に流します。
そしてクライアントから受けた報酬の何割かをもらってしたに流すわけです。じゃあ今度はその受けた
企業が開発すると思うじゃないですか。またまたその企業は受けた案件をさらにしたに流すわけです。
このようにIT業界は多重下請け構造で成り立っています。
え?それって法律的にどうよと思う人も結構いるかもしれませんが文字通りグレーです。
特定派遣法の改正等で状況は良くなったと言われてはいますが、昔からITで働いている人に聞くと
「この業界10年前と全然変わってないよ〜ww」
と言われているので思ったよりこの闇は深刻な気がします。

だからか去年も就活をして面倒くさい中嘘をついて会社に入ったで!と思ったら、今度は違う現場
に入るための面談を受けて全く知らない会社名を名乗って働かないといけないわけです。
そのため、先月で現場の契約が切れていたため今月は自社でネットサーフィンをしつつ面談を受けまくってました。
おかしい。就活は去年でもうしないつもりだったのにと思ってましたが、まさかまたするとは夢にも思いませんでした。
これは入社する前は全くわかりませんでしたが、ITではよくある客先常駐というシステムです。
あちこちの会社から集められて大手の下請けの会社として名乗らないといけなくて、
以前間違って自社の名前を言ってしまったところたいそう怒られるという理不尽な目にもあいました。

もともとITを選んだ理由も年重ねて大学院にも行ってしまったからある程度専門性のある仕事をしようと思ってこうやってパソコンをカタカタする職種に行ったわけですが、やはり就活の時もう少し考えるべきだったのではないかと思っています。
15卒で就活をまだしてるという方はいないかもしれませんが、もしも営業とかノルマ面倒だし、介護とか飲食はブラックだし、パソコンなら2chとか見て使ってるからITなら何とかなるだろと思ってる方はちょっとだけ
ちょっとだけ考え直したほうがいいかなと思いました。

psちなみに僕が就活をしていて今の会社を受けたとき面接で
「残業代って出るんですか?」と聞いたところ社長が「出ますよ!うちは働いた分はきっちり出す会社です」
とSTAP細胞はありますみたいに言い切ってくれて何て素晴らしい会社だ。ここで働こうと思ったらでした。
大人って本当汚いですね。
posted by ひろ氏 at 02:15| Comment(4) | IT業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。